最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

音楽

アポカリプティカ+京のコラボ(*゚∀゚*)パネェ!!

http://www.barks.jp/news/?id=1000064100

数日前にmixiで情報を得た相方さんから教えてもらったんですが、まさか京くんが他バンとコラボるとわ…!

イイなぁ…!!(*´Д`)
てゆーか、アポカリプティカなついなぁ。6年くらい曲聴いてなかったわ(ノ∀`)

ところで最近またSkypeでウイルスが出回っているようですが、聞いたところによると、「Photo318.zip」とゆーファイルが送られて来て、こいつを開いちゃうと他の人へそのファイルが回ってしまうそうです。
情報漏洩などの実害らしい実害はなさそうではありますが、とにかく気をつけたほうがいいみたいですな。

マジかよ大祐くんどうしてだよ…

蜉蝣の元ボーカルでソロ活動していた大祐が亡くなったそうです。
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100716/tnr1007160922007-n1.htm

昨日の朝、相方さんから急に電話がきて──
「大祐さんが亡くなったって…(´・ω・`)」
「Σ(゚Д゚;)ハッ!?マジで!?」
眠気が一気に覚めました。

形としては事故死なんだろうけど、薬と酒の過剰摂取が原因だとしたらそりゃあ自殺行為ってやつだよ大祐くん。
2ndシングル発売も控えていて、まだこれからって時だったじゃんか。
辛かったのかなぁ?死ぬほど眠りたかったんだろうか?でも本当に死んじゃあダメだろう大祐くん。

蜉蝣の頃から、けっこう好きだったんだけどなぁ。。。

相方さんが得た一昨日のディルのライブ情報で、京くんが『蟲-mushi-』を唄ってる時に涙を流したらしい。
その時には既に知っていたんだろうか?すごく哀しかっただろうなぁ。
大祐くんがドラマーだった頃、京くんに相談をもちかけて、ボーカルへの転身を勧められたりイロハを教えてもらったりして、結果蜉蝣のボーカルとして活動できたってエピソードも聞いたことがあります。
京くんのブログ見たらまたさらに切ない気持ちになりました。彼があそこまで吐き出すように書き綴ることなんて滅多にないのに。

ご冥福をお祈りします、なんて言葉は大祐くんには不要だろうか?
お別れには行けないけど、せめて今日は空を見上げながら、あなたがいたという事実、あなたが遺したいくつもの曲を心に流し刻み込むとしよう。

大祐くん、本当にお疲れ様でした。ゆっくりおやすみなさい。。。

台湾を甘く見てたぜ…(*・∀・)

正直、中国や韓国あたりの音楽の幅なんてたかが知れてると思ってますた。
向こうは日本でいうとこの“草食系”に近いものの固まりみたいなイメージっつーか、例えば金髪に対しても多くが拒絶反応を示すものなんだと。
だからこそ、ロックやメタルなんて、あるとしても薄っぺらいんじゃね?と。
まぁスカイプで知り合った韓国人女性に「ガゼットが好き♪」って人もいますたが、それにしたって極稀でしょうし、つーかガゼは日本のバンドであって韓国ではないし。

んで、たまたま発見したわけですが──

http://japan.digitaldj-network.com/archives/51564113.html

!!!(  Д ) ゚ ゚

…え?ホントに台湾産??
なめてますた。正直すまんかったです。
台湾で最も影響力があるって取り上げられてますが、なかなかイイカンジ♪
日本とか外国にも、積極的にライブ遠征するなどしてもっと知名度を上げれば、台湾国内でもさらにメタルが浸透するんじゃね?
こーゆーバンドにはぜひ頑張って欲しいものですよ(・∀・)b

久々に2人でカラオケ♪

6時間半ほど、カラオケで唄い続けてきますた♪
2人きりで3時間以上は初めてだったかもかもw
喉が…もう…ヤヴァイんだぜ… >┼○ バタッ

ちなみに今回2人が唄った曲は以下の通り──

【俺】
『地下室のメロディー』 BUCK-TICK
『バレッタ』 the GazettE
『RED SOIL』 DIR EN GREY
『君は僕に似ている』 See-Saw
『一発逆転恋愛ゲーム』 アンティック-珈琲店-
『HYDRA -666-』 DIR EN GREY
『地獄の季節』 ALI PROJECT
『孤独に死す、故に孤独』 DIR EN GREY
『バラライカ』 月島きらり
『生暖かい雨とざらついた情熱』 the GazettE
『凱歌、沈黙が眠る頃』 DIR EN GREY
『大嫌い2006』 ムック
『蜜と唾』 DIR EN GREY
『GLASS SKIN』 DIR EN GREY
『Fith in the beauty』 the GazettE
『アンインストール』 石川智晶
『reila』 the GazettE
『BUGABOO』 DIR EN GREY
『紫陽花』 シド
『赫い鼓動』 the GazettE
『凌辱の雨』 DIR EN GREY
『流星』 ムック
『友達が死んだ日』 ムック
『楽園』 THE YELLOW MONKEY
『紅蓮』 the GazettE
『Shout & Bites』 Versailles
『RED...[em]』 DIR EN GREY
『dead tree』 DIR EN GREY
『ザクロ型の憂鬱』 the GazettE
『遺書』 ムック
『ココロノナイマチ』 ムック
『CLEVER SLEAZOID』 DIR EN GREY
『所詮、自分は犬であります。』 蜉蝣
『怨みはらさでおくべきか』 デトロイト・メタル・シティ

【相方】
『雪蛍』 Plastic Tree
『GLAMOROUS SKY』 NANA starring MIKA NAKASHIMA
『LastSong』 Gackt
『ガンジスに紅い薔薇』 the GazettE
『未完成サファイア』 少女-ロリヰタ-23区
『プリキュア5、スマイル go go!』 工藤真由
『Schweinの椅子』 DIR EN GREY
『名も無き夢』 ムック
『男女』 太郎 with ベッキー
『ハレ晴レユカイ』 平野綾、茅原実里、後藤邑子
『ヴァンパイア』 Janne Da Arc
『VINUSHKA』 DIR EN GREY
『螺旋首』 蜉蝣
『INCONVENIENT IDEA』 DIR EN GREY
『RETURNER~闇の終焉~』 Gackt
『DOZING GREEN』 DIR EN GREY
『シアン』 ナイトメア
『ベランダ.』 Plastic Tree
『傀儡絵』 the GazettE
『Bath Room』 the GazettE
『Crazy World』 土屋アンナ
『我、闇とて…』 DIR EN GREY
『THE PLEDGE-UNPLUGGED-』 DIR EN GREY
『雨のオーケストラ』 ムック
『暁闇』 ムック
『つづれ織り』 GLAY
『Red Room』 少女-ロリヰタ-23区
『悲シミノ果テ』 ムック
『蜷局』 DIR EN GREY
『幻想曲~Eternal Silence~』 Phantasmagoria
『again』 YUI
『鼓動』 DIR EN GREY
『GLASS SKIN』 DIR EN GREY
『undecided』 DIR EN GREY
『蝶』 天野月子
『縄』 蜉蝣
『BURIAL APPLICANT』 the GazettE
『モノクロの景色』 ムック
『only my railgun』 fripSide

ジュース飲みまくってトイレにも頻繁に行きますたがねw
ご覧の通りVロックが大半を占めるリストですが、相方さんがプリキュアをわりとノリノリで唄ったり、俺がバラライカを「やらないか」に変えて唄ったりと、ちょっぴりネタに走ったりw

いやー、やっぱデスボイスやシャウトを出すとスッキリしますねぇ♪
2人とも、喉のダメージは壊滅的だけど!w

初☆日本武道館!

ディルのライブ『UROBOROS -with the proof in the name of living...-』に行ってきますた!

黒髪に戻してしまったので、自らの地味感に納得いかず、久々にメイクして行きますた。

Black_2

気合はじゅうぶん(`・ω・´)

いざ、相方さんと共に九段坂へ!

In

さすがに武道館ライブなだけあって、お客さんの数は凄まじかったです。

入り口前に飾られていた花束の中には、ガックンからの物もありますたw

あとから相方さんが得た情報ですが、ガックンはゲスト席にもいたそうです(;☆∀☆)

ちなみにやっくんも参加したそうですよw

開場後、即トイレを済ませて席に着き待機。

俺達は1Fスタンド席ですたが、前のほうだったので良い眺めですた。

開演時間を少し過ぎたあと、右端のほうで歓声が響きますたが、位置的に天幕の隠しきれていないところから見えたカタチだったからか、少々笑い声も上がりますたw

京くん、『GLASS SKIN』を歌詞変えて歌ってきたのね。なかなかイイ響きですた(*´ω`*)

背景が独特なのは元より、たまにメンバーの顔もスクリーンに出してくれて嬉しかったです♪

それにしても音がかなり響いたです。これが武道館におけるバンドのライブなのかと。

手すりに掴まりながらヘドバンしまくりますた。えぇ。今こうしてブログ書いてる時も首がめちゃくちゃ痛いですw

『THE FINAL』も歌ってもらえて相方さんも満足そうですた。

先日、「アンコール」の声を出さない人が多すぎたという話を聞きますたが、今回俺達の周りはみんな(俺の右隣にいた男は声を出さなかった気がするけど)精一杯出していたので、俺達も張り切って叫びますた。えぇ。喉ハンパなくガラガラですよw

「お前らの汚ねぇ声聞かせてくれえ!!」by京くん

なんかもう喉がブレイクしようが関係ないです。叫びますた。届けますた。

締めは意外にも『VINUSHKA』ですたが、最後の最後に『激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇』のフルPVをステージに映してくれるとゆーサービス!

京くん、そりゃああんな凄まじい姿じゃあTVには流せんわ…(;´Д`)

今回のライブもとても楽しいものとなりますた。

相方さん、感極まって泣いちゃう寸前w

俺は喉と首の痛みで涙目ww

Photo

でも今は、この首の痛みも、焼けるような喉も、耳鳴りさえも、けっして悪い気はしない…。

『AVERAGE BLASPHEMY』見ますた♪

相方さんと一緒にディルのPV集『AVERAGE BLASPHEMY』を見ますた(*´Д`)
Average_blasphemy_
ジャケットは『マゴッツ』でもおなじみ黒坂圭太さんが担当したそうですが──
Average_blasphemy__2
相変わらず、イイカンジにグロいですなw

内容はいくつか規制がかかってるのもありますたが、じゅうぶん楽しめますた♪
『RED SOIL』のPVも楽しみにしてますたが、カッコイイ!ステキな仕上がりですた(*´ω`*)

意外だったのが、『クレバー』と『凌辱の雨』がアルバムバージョンだった事ですかねぇ。『マゴッツ』もそーだったのかな?
『クレバー』の音が最後映像に合わなくて置いてかれたのには苦笑しますたが(;´m`)

相方さん曰く、『VINUSHKA』のPVが規制かかるのを承知でそれでも収録されたのは、ディルのメンバーが原爆の事を視聴者に忘れさせないため、或いは(特にアメリカ人に)伝えるためではないか?とのこと。
まぁ近頃お金にセコくなってきた感が強いフリーウィルのことですから、無修正版をいつぞやのようにインディーズ流通で出したりして更なる売り上げを狙ってるのでわ?と俺は思っているのですがね(・ω・)

・+゚'(ノ。´∀`)ノ ☆Vフェス09☆ヽ(´ε`。ヽ)'゚+。

V-ROCK FESTIVAL09』ですたね!
俺と相方さんは現地には行きませんですたが、オフィシャルのネット中継をちょこちょこ見てますた♪
「自分達はヴィジュアル系ではない」と公言していたハズのアリプロまで参加するとは思いませんですたが、とっても盛り上がっていたみたいですねぇ(*´ω`*)
高見沢さんがソロ参加ですたが、あの“まだまだ現役イケるぜ”っぷりにはびっくりですたw
Versaillesは相変わらず綺麗ですた。楽器も薔薇まみれとゆーこだわりw
久々にメリーも見ますたが、相方さん曰く、「曲が昔らしさが失くなった」そうでふ。
他にもいくつか若いインディーズバンドの曲を聴きますたが、正直、特に印象深かったのはなかったかにゃ(・ω・)
あ、でもexist†traceはカコイイかったなぁ。女性のみとゆーV系としては珍しいバンドで、雑誌で見ただけでまともに曲を聴いた事はなかったのですが、短時間とはいえ初めて曲を聴ける機会になって良かったです♪
残念だった事は、アンナさんとガゼが中継されなかった事かにゃ。まぁ断片的にとはいえ、現地ではなくお家でライブ状況を見れたわけですから、文句は言えませんがね(´・ω・`)
まぁアレだ。やっぱロックはイイ♪