最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

映画・テレビ

アーノルド坊や、逝く…。

「冗談顔だけにしてよ」byアーノルド坊や

http://www.cinematoday.jp/page/N0024686

小学生の頃、夏休みや冬休みの朝から再放送されているのを楽しく見てますた。
懐かしい、そして残念な気持ちです。ご冥福をお祈りいたします。

日本国内でもいろんな人気子役がいますが、“その後”の事とかも含め、きちんと大人がフォローしてあげてほしいものです。

原作映画とパロディ映画

数多のパロディ映画が存在するわけですが、昨日相方さんと一緒にその類の映画を見ますた。
俺もパロディ映画は久々ですた。

まずは原作映画、『クローバーフィールド/HAKAISHA』を観賞。
終始一般人(のビデオカメラ)視点で描かれているのですが、だからこそパニックの際の迫力はけっこうリアルです。
ストーリー性はあんまりありません。あの怪獣は結局なんだったのか?とか、いろいろ謎が残ったまま終わります。ですが、あくまで普通の一般人の視点から描かれているのであれば、むしろ当然だったかと。
"それ”は突然起こります。そして、終わり方も決して気持ちいいものではありません。
あくまで一般人視点、或いは擬似ドキュメンタリー映画として見ることを前提とすれば、この映画はB級ながらなかなか良く出来た傑作だと思います。
この映画と似たような作品で、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』『サイン』もオススメです。あ、でもこの2作品はホラーが苦手な人はやめといたほうがいいですw

んで、原作映画を見たあとはパロディ映画、『ボインフィールド/PAFUPAFU』を観賞。
とりま見て数分で思ったのは「/(^o^)\ナンテコッタイ」
なんかもう強引にパロディ路線に沿ってるように見えますが、エロパロディにしたって限度があるのでわ?つか、どー見てもAVです。
楽天の作品紹介によると、「あのクローバーフィールド/HAKAISHAをちょっとエッチにパロディ化!アメリカ全土を胸の谷間に挟み込む、パニック・コメディの最新作!その時、ナニが起きたのか?」とのコメント。
”ちょっと"ってなんですか?ソフトって意味ですか?ぼかしを使ってたりフィニッシュシーンがなければ18禁にはカテゴライズされないと?
パロディ映画は元ネタを知ってるからこそ笑える物のはずですが、この映画を見て出たのは失笑のみ。
あえて良いシーンを挙げるとするのなら、(犬を踏み潰すのが好きな)怪獣を見てワンちゃんが怯えている姿が可愛かったのと、ゴムの袋を噛み千切って開ける軍人さんが無駄にかっこよかった事くらいでしょうか。
あ、でも作品を見て笑ったのとは違いますが、男女や女同士の絡みを見てウチの相方さんの口から「肉弾戦」と出た時は思わず爆笑しますたww

まぁアレだ。結局俺が今まで見たパロディ映画で一番面白かったのは『ホットショット2』だったって事です(´Д`)

ガックンまさかのライダーマン!w

『仮面ライダーディケイド』の主題歌を担当するGackt自身がついに仮面ライダーに
ディケイド放送前の記者会見で「僕も出演したかった」とか言ってますたが、まさか既存のライダーとして出るとは思わなかったですw

しかしライダーマンとなると…平成ライダー世代の子達や、単純にガックンのファンだという人達ならともかく、ライダーマン・結城丈二をよく知る昭和ライダー世代の人達はどう受け止めるのでしょうかねぇ。
かつてその評価があまりよろしくなかったライダーマンですが、かつて子供だった大人達が次第にその存在を再評価しつつあるそうな。
ギリギリ昭和ライダー世代の俺としても、ライダーマンはそれなりにイイカンジのヒーローだと思ってます。
まぁ単純に彼の生い立ちをまとめてみると──
【病弱な母と貧しい二人暮し→学業は非常に優秀だけどなかなか自分の研究を認めてもらえない→デストロンからスカウトを受ける→平和のために研究を続ける→次第に頭角を表し始める→自分の地位を脅かされる事を恐れた幹部・ヨロイ元帥に処刑されかける→硫酸で右腕を失う→部下に救出される→右腕の改造手術を受ける(てゆーかサイボーグの腕を接続される)→口の部分がオープンなライダーっぽいヘルメットを受け取る→ライダーマン誕生→ヨロイ元帥にリベンジ誓う→仮面ライダーV3邪魔、敵→デストロンが悪の組織を知る→V3と共闘→東京にロケット爆弾が発射されちゃう!→ロケット爆弾に乗り込んで空中で自爆→V3より“仮面ライダー4号”の名を送られる→実は生きてますた】
──こんなカンジですかね。長くなってスマソw
まぁこれじゃあ当時の子供達が敬遠しがちだったのも頷けるかもです。戦闘力もライダーとしては弱いほうだし。
ただこのダークヒーローに近いキャラが、大人になって改めて見直すことで逆に好評を得るみたいです。

ガキの頃見たビデオで、V3が大空に散った(と思われた)ライダーマンに向かって叫んだシーン。俺は今でも覚えています。
「俺は君に、仮面ライダー4号の名を送るぞ!ライダーマン!!」

さてそんなライダーマン、ガックンはどのように演じてくれるかにゃ?(*´∀`)

俺のオカズ♪(*゚∀゚)=3

これを見ればいつでもハァハァできるZE☆
Photo
高校時代、図書館で2回も見た映画『こねこ』なのですが、先日ブックオフでまさかの発見!
そもそもブックオフに来た目的は、Coccoの曲が何故か無性に聴きたくなったためにベストアルバムが欲しかったからなのでしたが、このDVDを見つけた瞬間すぐ手に取りレジに直行したのですw
にゃんこ好きにはたまらん傑作なのですよー((*≧ω≦*))

「“愛”は色あせない永遠のブランドだ。」

セックス・アンド・ザ・シティ』を見ますた。
内容はドラマの延長線上のお話でふ。
ドラマは深夜放送とゆー事もあって全部は見てませんですたが、映画を見るには特に支障がなかったと思いますです。

男の俺が見るよりは、(特に30代以上の)女性が見るほうが楽しめるかと。まぁ俺も面白いと思いますたがw
大まかに“結婚”と“愛”がテーマになってるのかにゃ?ただ結婚はもちろん、恋愛に対する価値観は人それぞれなのは当然の事で、なおかつ男女の営み…いぁ、この際だからはっきり言っちゃいましょうか、SEXの事まで絡んできたりするもんだから、リアルに複雑だったりしまふ。
初めての結婚に喜び興奮したり、逆に結婚に失敗経験があって次の結婚に自信を持てなくなったり。
家庭と仕事を両立していくにあたり、なかなか性生活に時間を割けなくて、その結果やってはならない事をしてしまう男。自分を抑えるのに必死な女。

「結婚する前は幸せだったのに。」みたいなセリフがあった気がしまふ。
結婚生活にマンネリ感を覚えている既婚者の人、バツイチの人、そして結婚を夢見る人にはグサッとくるんじゃないでしょうか。
いぁ、実際失恋経験があるだけでもちょっと響くよーな…(;´Д`)

結婚は決してゴールインではない。その先への新たな第一歩。
でもこの映画は、主人公であり語り手でもあるキャリーの結婚でハッピーエンドな物語で本当に良かったと思います。
主要人物である4人の女性達の友情もなかなかのものでふ。

女性向けかもですが、男性でも楽しめるんじゃないかと。
オススメです(σ。ゝω・)σYO☆

「ムダに生きるか、何かのために死ぬか。お前が決めろ。」

ランボー 最後の戦場』を見ますた。
俺の相方さんはホラーとグロいのは苦手なので、主に電車の中とかでケータイで観賞。

内容は、凄まじいです。特に人間の殺され方が。
ストーリー性は深いとは言えませんが、戦争の残酷さ、戦争による人間の死に方をリアルに描いています。
リアルに描かれているという意味では、ストーリー性が深くないのはむしろ自然なのかもしれません。
“ドラマチックな戦争は映画の中でしかない”というメッセージが込められた映画ではないでしょうか。

心臓の弱い人、グロいのが苦手な人は見ないほうがいいです。
そして見るからには、どうか目を背けないでほしい。戦争による人間の残虐な死に様、そして殺す側も同じ人間であるという事実から目を背けないでほしい。

奪うため。守るため。殺されるから、殺す。
殺人に正当性があるとは思いません。たとえどんな理由であっても殺人は重い罪です。
でも自分が、或いは自分の大切な人の命を奪われそうになったら?殺されそうになったら?
あなたは、守るために殺した人を責められますか?
「殺すことなんてなかった」と。「何か別の方法があったはずだ」と。

あなたは、大切なものを、大切な人を守るために殺した人を責められますか?

「彼はヒーローではない」

今日、「そーいえばまだ見てない」ってカンジで、バットマンシリーズ『ダークナイト』を見ますた。
一緒に見た相方さん曰く「深くて、重い」。まさにそんなカンジの映画だったと思いまふ。少なくとも、子供向けではありませんw
バットマンシリーズはほとんど見てきますたが、今作は俺的にシリーズ最高傑作だったと思いまふ。
それだけに、ジョーカー役のヒース・レジャーは本当に残念だったと改めて痛感しますた(っω;`。)
まだ見てない人は、是非是非♪

エンコードはGPUの時代?

通常、動画のエンコード処理を担当するのはCPUなのですが、近年NVIDIAとAMDがその処理をCPUからGPUへと提唱し、実際既にNVIDIAからはTMPGEnc 4.0 XPress用のプラグインが、AMDからは専用エンコーダが公開されるなどしておりまふ。
どれほどの事かっつーのはこことかを参照してほしいのですが、早い話、グラボ選びがもはやゲームに限った事ではないとゆーわけですねぇ。
俺みたいに、普段ケータイに動画を突っ込んで持ち歩いてる者としては、PC→ケータイ向けに動画を変換する時間が短縮されるのは嬉しい事なのですヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
まぁ俺が現在使ってるグラボはGeForce7600GSなんだけどね!7000番台にも対応させておくれよNVIDIAさん…(つД`)
ファンレスの8600GTSあたりを買っちゃおうかにゃぁ…。