最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

むね肉といえど、竜田揚げならば!

鶏むね肉はとても安いですが、もも肉に比べて固いですよね。
軟らかくして食う方法として、塩と刻んだ青葱で揉んでしばらく置いてから焼いて食うというのがもっぱら俺の調理方法ですた。

んで、ある日セブンイレブンのから揚げ棒(竜田揚げ)を食ってる時に、ふと「むね肉も竜田揚げにしちゃえば柔らかくて美味しいんじゃね?」と思い、実践。

以下、俺的な竜田揚げレシピ。

①むね肉を一口大に切り、袋に入れる。
②醤油、料理酒、みりん、にんにく(チューブでもよし)、生姜(チューブでもよし)を適当な量で混ぜて調味液を作る(濃い味が好きなら醤油とにんにくを多めに入れるなど、お好みで)。
③調味液をむね肉の入った袋に入れ、よく揉み込む。
④冷蔵庫に入れて30分以上漬け置きする。
⑤むね肉をじゅうぶん漬け置きしたら、先に鍋に油を注いで180℃くらいで加熱する。
⑥袋からむね肉を取り出し、キッチンペーパーなどで軽く水分を拭き取り、片栗粉をまんべんなくまぶして鍋の油になるべく素早く全て入れる。
⑦むね肉を全て入れて30秒ほど揚げたら、温度を150℃くらいに下げる。肉の大きさや量にもよりますが、5分~6分くらいでいいかと。
⑧再び温度を180℃に上げて20~30秒ほど加熱し、その間に皿にキッチンペーパーを敷いておき、火を止めて早めに油から肉を引き上げて(キッチンペーパーを敷いた)皿の上に乗っける。
Photo
以上で完成。(・∀・)
勿論もも肉には及ばないですが、外はカラッとしていて、中はけっこう軟らかいですよん♪
黒胡椒マヨか、タルタルソースをつけて食うとウマー☆

ちなみに⑥ですが、袋に入ってる状態で少量の片栗粉を入れて揉み込み、とろみがついたら袋から取り出し、あえて水分を拭き取らずにそのままさらに片栗粉をまんべんなくまぶして鍋の油に入れる。とゆーのもアリですよん。衣にしっかり味がつくので、濃い味がお好みであればオススメですb

ほわいとでー

先月のバレンタインに手作りチョコをくれた相方さんのために、チーズケーキを作ってみますた。
が、出来上がりほかほかの状態ではふわふわ感があって「うまくいったかも!」と思ったのに、冷やしたらしっとりするかと思いきやちょっと固くなってしまって…(´・ω・`)
まぁ味自体は悪くはなかったのですが、やっぱホットケーキミックスなんぞ使わずに普通に小麦粉を使うべきだったかしらん。

いや、材料のせいだけにするのはよくないですね。分量だって正確ではなかったし。
料理は苦手ではないはずなんですが、お菓子作りは難しいですなぁ…(;´Д`)

スモークサーモン&アボカド丼

作ってみますた。
Photo
うん。我ながら、“男の料理”チックですな(*ノω<*)
基本的に家での食事は相方さんが作ってくれるのですが、たまに俺が「そうだアレ食べよう。」と思い立ったら作るわけですw
まずはアボカドを醤油漬け。わさび醤油の予定だったんですが、肝心のわさびが無かったので代わりに大葉(しその葉)をすり潰して混ぜますた。
次にベビリーフを軽く水洗いし、水を切ったらご飯の上にパラパラっと。
んで、その上にスモークサーモンと醤油漬けしたアボカドを乗っけまふ。最後にマヨネーズをかけて出来上がり♪
まぁあんまり料理とは言えないかもですが、わりと美味かったので良しとしまふw