最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

最も好きなマンガ

俺の最も好きな漫画作品は荒木飛呂彦先生の『ジョジョの奇妙な冒険』です♪
数々のカッコイイキャラ!独特の表現と迫力!奇抜なセンス!名言の宝庫!

思えば連載当時の週間少年ジャンプは他にも名作揃いですた( ´Д`)
特に『ダイの大冒険』『スラムダンク』『るろうに剣心』etc…。

人それぞれの好みもあるし、言い方を変えれば“万人受けする作品”なんてなかなかないでしょう。
カッコイイ・熱いマンガが好きって人もいれば、萌える・エロいマンガが好きって人もいますよね。俺は前者ですが。
んで、そんな俺が個人的に“名作”と呼べるマンガの基準は何か?それはキャラ性・シナリオ性も勿論ですが、心に響く・残る名言も重要だと思います。
名言ひとつあるだけで、そのキャラそのシーンが印象付けられますしね。中身の無いマンガは忘れちまうもんです。
個人的に、あえて作品を名指しで例をあげるならば、俺は『ブラックキャット』は好きですが『ToLOVEる』は全く興味ないです。同じ作者なのにね。

かつて『幕張』を描いていた木多先生は以前「昔より全然面白くないですよね」「ジャンプがオタク化してる」という発言をしていた。
この先生も(特に他の作者さんからしてみれば)アレな人ではあるけど、発言の内容には同意せざるを得なかった。
週ジャンを読んでる今の読者層がそっち方向を求めているからなのか?まぁ昔の読者の多くが今の週ジャンから離れていったのもあるのでしょうね。
どっちにしろ、「昔のほうが面白かったのになぁ」と思うあたり、俺も歳をとった証拠なのでしょうがw
んで、小難しい話はここまでにしますて──

『ジョジョの奇妙な冒険』の俺的名言ベスト10を挙げてみますた♪(ノ´∀`*)

1.「オレは“正しい”と思ったからやったんだ。後悔はない…こんな世界とはいえ、オレは自分の“信じられる道”を歩いていたい!」byブローノ・ブチャラティ
2.「俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!」byシーザー・ツェペリ
3.「俺たちがここまで到達した事が…完全なる勝利なのだ。これでいいんだ全ては…運命とは“眠れる奴隷”だ…。俺たちはそれを解き放つ事ができた…。それが勝利なんだ…」byブローノ・ブチャラティ
4.「だが断る!」by岸辺露伴
5.「わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ…近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは“真実に向かおうとする意志”だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな…違うかい?」byアバッキオの(殉職した)同僚
6.「人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でおまえの能力は、この世のどんなことよりもやさしい。だが…生命が終わったものはもう戻らない。どんなスタンドだろうと戻せない…」by空条承太郎
7.「覚悟はいいか?俺はできてる」byブローノ・ブチャラティ
8.「スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ」by東方仗助
9.「もっとも“難しい事”は!いいかい!もっとも“難しい事”は!“自分を乗り越える事”さ!ぼくは自分の“運”をこれから乗り越える!!」by岸辺露伴
10.「さすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!」byお調子者のガキども

…いかん!なんか10個じゃあむしろ書き足りないゾ!しかも一応順位を決めたけど、いざ読み返したらいろいろ揺らいできた!w
これを読んで自分もジョジョ好きって人は俺とディ・モールト(非常に)熱い握手だ!
そしてジョジョ好きだけどこの名言もというあなた!「君の意見を聞こうッ!」by花京院典明
安西先生…!ジョジョが…読みたいです…!(違

キツネを探して三千里…

既に相方さんとこにはキツネがおりまふ。
Sui
相方さんはまだ、初プレイ以来ずっとソロ(ちなみに今現在の身分は衛士)でやってるのですが、見事キツネさんを捕らえますた。
なんという執念!(; ・`д・´)

Photo
よーし!俺もキツネを探すぞぉ!(`・ω・´)
ひたすらアイテムを収集しつつ、何度も激に挑みますた。
そして─

Photo_2
お呼びじゃねーぜワンちゃんよ…(゚⊿゚)

無双Onlineは戦いだけではありません──

遊び方はソロプレイに限らないとゆー事なのです。

Photo
時にはフレンドや初心者さんを連れてアイテム収集に赴いたり──

Honey
ギルメンのおうちで踊りまくったり──

Photo_2
ベテランさんからご教授頂きつつ語り合ったり──

Photo_3
こっそりポーズをとってる人を隠し撮りしてみたり──

Photo_4
意中の武将にフラれたり──

さまざまなプレイスタイルがあります。まったり楽しみませう♪(b´∀`)ネッ!

乙男(オトメン)やら女装子(じょそこ)が流行りつつあるっぽいですが──

くれぐれも誤解しないでいただきたい事があります。
たしかに俺はカワイイ物好きで特にニャンコには胸がときめきますが、俺は乙男ではありません!(`・ω・´)
たしかに俺はヴィジュアル系好きでたまにメイクもしますが、俺は女装が趣味でもありません!( ・`ω・´)

Photo
うん。まぁそんなこんなでね──

俺の相方さん、腐女子なんでね。
そして俺はわりと“そっち系”の枠に当てはめられかねない要素満載なんでね。

毎週土曜日夜に『乙男』放送してますよね。相方さんが毎週楽しみにしている番組です。
こないだは、ヒロインを主人公がファッションコーディネイト、主人公のライバルがメイクを施していますた。
そして昨晩の『しゃべくり』で、ベッキーが徳井をアイメイク。とても楽しそうですたね。
んで、相方さん見事に触発。しかもその時、俺はまだメイクしたまんま。準備万端も同然の状況。

マァマテヤ♪(*・∀・)つ(lll゚Д゚)ヒイィィィ!!

相方さんの魔の手が迫る!その上がりゆくテンションはきっとザ・ワールドでも止められない!いや、誰か止めて!
…まぁさすがに女装はさせられずに済みますたがね。アイメイクされただけで済みますたw
目じりのあたりにラインを引いて垂れ目っぽくしていたのに加え、シャドウやらぼかしやら色々されますた(゚ω゚)
相方さん、めっちゃ楽しそうですた。まぁ相手を自分好みの色に染めるってのは喜びを感じる事なのでしょうねぇ(・∀・`)
その点についてはじゅうぶんよく分かってるつもりです。これでも俺、ドSですからb

いつか俺が女装姿で相方さんと歩いてるのをどっかで見かけたとしても、けっして声をかけないでくだしぁ!'`,、('∀`) '`,、

相「今は女装より裸エプロンのほうがいいな♪どお?(ΦωΦ)フフフ…」
俺「Σ(゚Д゚;)俺が!?」

愛夫妻と遭遇!ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

のびのび成長し、「副将欲しいー!ヒゲ(デフォ副将)もうヤダー!」とジタバタしながらも頑張っている相方さんのキャラ、名は“sui”。
Sui_2
(紅朱の副将)"豹紀”とツーショット♪俺の紅朱とお揃いの、赤髪の女の子です(*´ω`*)
武器は偃月刀がお気に入りみたいですが、下方修正前であったならば鉄槍も使わせてあげたかったですねぇw

こないだのアプデはなかなかイケてる内容ですたが、鉄槍使いだった俺にとって『鉄槍の下方修正』はかなりイタかったです( ´゚д゚`)
もっとも、新武器の弧刀が鉄槍以来のお気に入りとなったので、わりとすんなり鉄槍とはお別れできますたがw

ところで、昨晩びっくりな事がありますた。
回廊にてたまに気分でやってる『初心者さんを連れてアイテム探しにGO♪』の呼びかけをしようとした時、思わぬ人に遭遇──
Photo_2
(゚д゚)!?
そう。夫婦で無双onlineをプレイしているという”愛夢OK”の奥さん、"愛美奥参”その人ですた!
とゆーことは、旦那さんの愛夢さんもINしてるって事!?
Photo_5
おぉ!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙
同じ劉備軍なのでいずれはお会いできるだろうと思ってますたが、実際お会いできるとテンション上がりますな♪
愛夫妻のことはブログで知ってますたが、あちらも足跡を残した俺のことを覚えていてくれて嬉しかったです(ノ´∀`*)
Photo_6
記念に1枚パシャッ! Σp[【◎】]ω・´)
このあと、PT組んで1戦だけご一緒させていただきますた♪楽しいひと時をありがとですた!
それにしても、ホント仲睦まじい夫婦ですたねぇ。機会がありますたら、またご一緒させていただきたいです(人´∀`).☆.。.:*・゚

夫婦仲良く無双onlineを楽しんでいる愛夢さんのブログはコチラ

ネトゲでナンパはいかんでしょう?( ゚Д゚)

今回の争奪が劉備軍の勝利で終わり、ほっとひと息ついてる時のこと──
ギルメン「変な人に声かけられた」
俺&他ギルメン「Σ(゚Д゚)!?」
話を聞くと、最初は普通に挨拶とかしていたのですが、途中で年齢を訊かれたりなど、どーもソレっぽいカンジ。
いまだに出会い目的でネトゲやる人がいるもんだなぁと思いますたが、しかし話を聞くだけで決めつけてはいけない。もしかするとコミュケーションを取りたくて、とりま年齢を訊いて近かったら親しくなれそーだから確認したのかもしれない。そう考えを巡らせていたら、別のギルメン(ちなみに前記事でいじられていた人w)がその人と声をかけられたギルメンの傍に立つと「うざいんだけど」と来たそうです。
ナンパ野郎(゚∀゚)カクテーイ!!
Photo
名前まで晒すほど俺も鬼ではありませんが、赤丸で囲んでるのが問題の人です。
んで、周りを囲んでいるのは全員ギルメンです。当然、このあとこの人に赤っ恥をかいて頂いたのは言うまでもありませんw

ユーザーが男女共に存在する以上、結ばれることもあるでしょう。現に俺と今の相方さんはテイルズウィーバーで出会いました。
しかし、俺らは決して出会い目的でネトゲをしていたのではなく、普通にゲームを楽しんでいた中知り合い、共通する趣味があるなどで親しくなり、スカイプでもお話するようになり、やがて恋愛感情が芽生えたまでの事です。相方さんから告白された時は嬉しさとびっくりでいっぱいですたけどね(/ω\*)
俺と相方さんが出会えたのは、結果に過ぎません。
しかしネトゲを出会い目的で利用した場合、ネトゲを楽しんでいるユーザーを不快にさせるばかりか、特に女性ユーザーの場合余計な警戒心を抱き続けなければならなくなる可能性があります。そうなると、せっかく人と人とのコミュケーションができるネトゲを純粋に楽しむ事はできなくなるかもしれません。
まぁ小難しい事を書くのはしんどいので簡潔に書くと、出会い系サイトなんていくつもあるんですから出会い目的の方はどーぞそちらへ。ってことです( ゚Д゚)

原作映画とパロディ映画

数多のパロディ映画が存在するわけですが、昨日相方さんと一緒にその類の映画を見ますた。
俺もパロディ映画は久々ですた。

まずは原作映画、『クローバーフィールド/HAKAISHA』を観賞。
終始一般人(のビデオカメラ)視点で描かれているのですが、だからこそパニックの際の迫力はけっこうリアルです。
ストーリー性はあんまりありません。あの怪獣は結局なんだったのか?とか、いろいろ謎が残ったまま終わります。ですが、あくまで普通の一般人の視点から描かれているのであれば、むしろ当然だったかと。
"それ”は突然起こります。そして、終わり方も決して気持ちいいものではありません。
あくまで一般人視点、或いは擬似ドキュメンタリー映画として見ることを前提とすれば、この映画はB級ながらなかなか良く出来た傑作だと思います。
この映画と似たような作品で、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』『サイン』もオススメです。あ、でもこの2作品はホラーが苦手な人はやめといたほうがいいですw

んで、原作映画を見たあとはパロディ映画、『ボインフィールド/PAFUPAFU』を観賞。
とりま見て数分で思ったのは「/(^o^)\ナンテコッタイ」
なんかもう強引にパロディ路線に沿ってるように見えますが、エロパロディにしたって限度があるのでわ?つか、どー見てもAVです。
楽天の作品紹介によると、「あのクローバーフィールド/HAKAISHAをちょっとエッチにパロディ化!アメリカ全土を胸の谷間に挟み込む、パニック・コメディの最新作!その時、ナニが起きたのか?」とのコメント。
”ちょっと"ってなんですか?ソフトって意味ですか?ぼかしを使ってたりフィニッシュシーンがなければ18禁にはカテゴライズされないと?
パロディ映画は元ネタを知ってるからこそ笑える物のはずですが、この映画を見て出たのは失笑のみ。
あえて良いシーンを挙げるとするのなら、(犬を踏み潰すのが好きな)怪獣を見てワンちゃんが怯えている姿が可愛かったのと、ゴムの袋を噛み千切って開ける軍人さんが無駄にかっこよかった事くらいでしょうか。
あ、でも作品を見て笑ったのとは違いますが、男女や女同士の絡みを見てウチの相方さんの口から「肉弾戦」と出た時は思わず爆笑しますたww

まぁアレだ。結局俺が今まで見たパロディ映画で一番面白かったのは『ホットショット2』だったって事です(´Д`)

ネトゲはやっぱり──

人と人とのコミュニケーションが大事だと思いまふ。
昨晩久々に雑談で楽しいひと時をすごさせて頂き、改めてそれを認識しますた(o´∀`)
今現在同じギルドに所属している、とある人を中心に(基本その人をいじるカタチで)複数でまったりおしゃべりしていたわけです♪
_01_2
赤丸で囲ってある人が、いじられてた人ですw
_02
えぇ、もちろん俺もいじらせていただきますたよ?(・∀・)
あたりまえじゃないですかb

ネトゲはコミュニケーションありき。さもなくばただの作業ゲー。俺はそう考えています。
同じ作業ゲーなら、オフ無双のほうが楽しいと思います。
時にはトラブルもあるかもしれません。しかし、人と人の関わりがあってこそ、ネトゲには面白味があるのではないでしょうか。

今日は相方さんとお出かけ。久々に長めの外出となりますた。
まず相方さんは美容室で散髪。その間俺はブックオフで立ち読み。
合流後、しゃぶしゃぶ食い放題コース。二人とも、ぽんぽんぱんぱんw
次にネカフェで3時間。読みたかったマンガを読めてちょっと満足♪
そして服を買いにお店を徘徊。しかしコレといった物にお目にかかれず、結果ウインドウショッピングで終わり。自分達の趣味がどれだけ偏ってるのかを再認識…orzorz

ところで最近のお気に入り。
Photo
なんとなくドクロの扇子が欲しくなったので購入。
最近マジ暑いですからねぇ。この絵柄なら、普段のパンク寄りな格好で使っていても大丈夫…のハズw

「恋に落ちて愛に溺れる」by板倉(インパルス)

何気に名言ですなw
つか、もう堤下(インパルス)と伊藤(北陽)、付き合っちゃえばいいのに!(・∀・)

この時期、とことん体調を崩しやすいチグタンです。
昨日から高熱と下痢でもうヘトヘト…(´;д;`)
自分の病弱っぷりが情けなく思えてしまいまふ…。

ところで最近、相方さんも無双onlineを始めますた。
これを機に、近々新しいPCを買っちゃおうかなって思ったりw
いずれ2人いっしょに戦場を駆け抜けたいんだぜ♪

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »